ぺりぺりぺ

国内・国外問わず政治問題、学歴・貧富の格差社会など社会問題を始めエンタメ・節約ネタ・大学生活・にゃんこ、ハリネズミとのイチャイチャ日和など幅広く書きます

風俗嬢になった先輩について、いろいろ考える〜最終回〜過去の栄光は捨てないと人間は成長しない

ぺりかんちゃんです。結構人気(?)な風俗嬢になった先輩シリーズですが今回で最終回です。まあこのあと何か進捗があれば報告したいと思いますが基本これで最後にしたいと思います。

 

事の経緯はこちらから。

pelicanchan.hatenablog.com

pelicanchan.hatenablog.com

pelicanchan.hatenablog.com

 

 

 

あのあと先輩の風俗勤務リークはありませんでした。

まあ2度のリークでほとほと冷めたのか、それとも在籍情報を出さないようにして働いているのか、実際のところはわかりません。が、多分個人的には後者なのかなと思います。

 

っていうのも先輩、転々と店(キャバクラ)を変わってるっぽいんですね。LINEで友達になっててタイムラインに更新してくるんだけど、3店舗目?だったかな、なんだかんだ8ヶ月程度の間に店変わりすぎでしょ・・・・

あの名古屋・錦のエンリケさんこと小川えりさんっていうすっげえキャバ嬢さんの発言で「店舗を変えず、毎日働くことがお客さんを呼ぶ秘訣」ってニュアンスのことを言ってたけど、その通りだと思うなあ。お店コロコロ変わられるとそこでお客さんが切れてしまうこともあると思うし、他の女の子と仲良くなれないのかな?という協調性の無さとか、与えられた環境で頑張れない子なのかな?って足元を見られるような気がしてならない。そもそも今は昼の仕事何もやってないのに、週4しか働いていないのはやっぱり風俗勤務に合わせてるのかな、としか考えられない・・・・

というかエンリケさんはめちゃくちゃ美人かと聞かれるとそうではないかな、と思うけど(失礼ですみません)売れる理由がわかるなあ。週7(普通のキャバクラは週6)で働くのは正直すごいし、それを10年以上続けていることが本当にすごい。夜職一本でもこれはすごいと思う。普通の人間ではできないと思う。

www.youtube.com

このラファエルとの対談でもわかるけど、プロ意識がすごい。キャバクラの世界だけじゃなくて一般社会でも通用する「仕事のできる人」の片鱗がチラついてるわなあ

 

で先輩の話に戻すんですが。勤務も週4程度で、お客様もそこまでついていないっぽいのでそこまで稼げてはいないと思います。もしかしたら出勤制限がかかっての週4なのかもしれないけどそこはようわからんね。前がどれくらい稼いでいたかはわかりませんが、やはり風俗で補填しているような気しかしません。

 

 

まあそれはいいとして、その先輩のいけないなと思う点が「過去の栄光にすがる」ところである。

前はナンバーワンだった、とかやればできる子!昔みたいにお客さん毎日呼びたい、みたいにインスタのストーリーで躍起になっていたところがあったんだけど(今は私がインスタを消したので見れません)、正直そのプライドを全部捨てないと成功しないと思う。

私も正直過去の栄光にすがってしまうタイプなので気持ちすごくよくわかるんだけど、やっぱり過去の栄光にすがるってことは今の自分に自信がないことの表れなんだよね。

これはキャバクラの世界だけでなくて全ての世界で言えることだと思うんだよな。過去どういう人間だったなんて今の人間関係では割とどうでもいいことが多い。というより、過去にすがってる人間は面倒なんだよな。過去にそういう実績があるゆえにプライドが高い。そいや英語のクラス分けで芳しくないクラスに分けられた子がいて、高校の頃はずっと定期テストで1番だった、って言って自分を保っていた子がいたなあ・・・・

いつまでもいつまでも過去の栄光にすがるのは逆に後退への始まりだと思ったよね。やればできると信じることは大事だけど過去の栄光があるゆえに自分の能力を過信して努力をしなければそこで終了ですよ。

 

やっぱり人間一度はプライドを捨てて、どん底から這い上がるくらいの意気込みで何事も打ち込まないと成長しないと思ったね、わいもそうならなくては