ぺりぺりぺ

国内・国外問わず政治問題、学歴・貧富の格差社会など社会問題を始めエンタメ・節約ネタ・大学生活・にゃんこ、ハリネズミとのイチャイチャ日和など幅広く書きます

3年に渡ってお付き合いした方と別れた話

ぺりかん大先生です。気がつけばアラサーの仲間入りしてしまってました。

今回は・・・タイトルの通りです!

 

彼氏とお別れしました!

 

まあどうしてそうなったか色々反省も込めて書いていきたいと思います

 

 

3年前の状況をおさらい

まあこのブログをご覧いただいているぺりかんファミリーならお分かりかと思うんですけど、丁度3年前の5月?くらいはもともと高校の頃から付き合ってた方と付き合っていたんですよね。
ブランクありきだったけどかれこれ5年?くらい付き合っていたことになるので、かなり長い方でした。私もこの人と結婚するのかな〜とモヤモヤ考えていたりとか。

とってもいい人で、かなり曲者の私のことを理解してくれる数少ない人でした。実際今も好きです(突然の告白)が、再度付き合うとかは考えられない感じの好きって感じかなあ・・・
まあ、向こうは嫌い通り越して憎いと思っているでしょうが、それはそれで仕方ないことだと思っています。
今もたま〜に夢に出てくるたびにずっと心がしんどいので、やっぱり因果応報ってあるんだなと。やっぱりこういう別れ方をした以上必ずツケ(ツケって表現が正しいのかは微妙)は回ってくるんだなと。

本当に心残りなことが一つあって、当時遠距離だったのでお別れするときにちゃんと対面で話しができなかったこと、ですかね・・・
綺麗事書くようですが、本当に今も頭が上がらないですね。
連絡先は別れた時点で消しているのでもう連絡の取りようがない(厳密にいうと共通の知り合いはいるので取ろうとすれば取れるだろうけど、私から連絡することはないです)幸せになってほしいです。

彗星の如く現れた元彼の話

まあ彗星の如くというのか、飛ぶ鳥を落とす勢いって言ったらいいのかw
元彼とは学会で知り合ったんですが、当時は歳も結構離れていてまあ恋愛対象では全くなかったことだけは覚えています。

最初に知り合ったのは2016年の9月ぐらいだったかな、地元が一緒だったから「おー珍しいな!」みたいな感じで仲良くなって、連絡先だけ交換したけど全く連絡は取らず。
再度連絡を取るようになったのが2017年の4月くらいですかね。

 

事実上の二股?からの別れ

元彼のことが好きになってしまったと自覚したのが確か3年前の5月末くらいだったと思います。でもその時は上記の元元彼の方と付き合っていたんですね。
で、下の時系列にも書きますけど結構色々ありました。

 

正直、ものすごい葛藤がありました。

周りからは結構経営者の元彼と付き合うことについては反対されましたね、遠距離とはいえせっかく自分のことを好いてくれるんだから、今の彼氏の方がいいよとか。
中には・・・とりあえず片方は遠距離なんだし二股状態になってもそうバレることはないだろうから、どっちが好きかちゃんと確かめた方がいいとアドバイスをくれる方もいました。所謂【キープ】ってやつですね。

二股(キープ)ってもちろんよくないし褒められた手段ではないんですけど、ある意味考えとかこれからを見つめ直すにはある意味効果的な手の打ち方の一つではあるとは思います。

でも、私は二股(キープ)をできる器用さとかメンタルは持ち合わせていなかったんですね。心に限界がきて状況をお話し、そうして元元彼さんと別れて元彼と付き合うことになります。これが2017年6月末の話です。 

【遠くの親戚より近くの他人】を実感する日々

まあサブタイの通りです。

当時は遠距離ができなかった自分を死ぬほど責めたのと、寂しさに負けた自分の心の弱さにムカムカと・・・

まあ今も遠距離している人で同じような人がいたら、どっちを勧めたらいいのかってわからんなあ・・・ただ、この言葉はすんごい実感しましたね。

遠くの親戚より近くの他人】とな。

新しい世界を与えてくれた人

まあ・・・元元彼さんとは遠距離だったので近距離ですぐ会えるのはとっても新鮮でした。あと何より経営者なので、私に違う世界を与えてくれたっていうのがすごく大きかったですね。

今も私は会社員兼経営者として自社法人を回していますが、この人に出会えなければきっと普通に一生会社員で終わっていたのかなーって思います。

私が元彼に惹かれたのはやっぱり経営者としての特殊な世界観でした。
(あ、たまに言われるんですが・・・経営者だからお金持ちでそこに釣られたってわけではないです。)

ただ、職業上とかポジション的にお互いの世界・お互いの立ち位置になると理解のできる点も多い反面、逆に自分の領域のようにもなってしまうんですね。会うたび会うたび仕事の話になってしまうという。

そう、別れた理由が見えてきたと思うんですが要は元彼とはビジパ向きで、恋愛感情というより良き相談相手・同業者?というのか・・・そういう関係に変わってしまったんですね。

まあ別れた今も独立一本にしようかなーとか、経費節約の話ししたりとか、いいビジネスパートナーとして連絡を取り合う仲です。

 

で、別れる1年前からガチセックスレスでした。

 

時系列にしてみました。

流れが読みにくいらしいので時系列にしました。

 

2016年9月:学会で社長(元彼)に会う 
「おお地元一緒か!何かの縁や」とのことで連絡先を交換する。


2016年10月〜2017年2月:ガチ恋厄介先輩から執拗にストーカーされる
ティファニーのオープンハートをもらうという偉業を達成するw

詳しくは過去記事どうぞ

www.pelicanchan.com



2017年3月:タピオカ屋のバイトの傍副業でECを始める
新宿のパー●レディでバイトしてたわけよ。
ちなみに母親に「パール●ディでバイトしてるンゴ」って言ったらやばいバイトと勘違いされた過去があります。。。地方民だからねえ

まあECを始めたきっかけは遠距離の元元彼さんに会うための旅費稼ぎでした。
1ヶ月に1回くらいは絶対会いに行きたくて、でもお互い学生でそこまでお金もなく。それだったら頑張って私が稼いで行くなら向こうもそんなに気を遣わないかな?と言う超短略的な考えでした。
言うても往復交通費と食費とか遊びに行くお金もろもろで6〜7万くらい普通に吹っ飛んじゃいますからね。遠距離はお金との勝負なんや・・・


2017年4月頭:社長に「ワイ物販始めたんですよ!」報告
それに対してアドバイスを色々受ける。知り合いの業者も紹介される。
節税に関してのレクチャーを受ける(経営者あるあるですね)

 

2017年4月下旬:疲れが若干顔に出てくる
この頃は軌道に乗せるべく商材を鬼リサーチしていたので多分1日の睡眠時間が実質3時間とか。後めちゃくちゃ寝つきが悪くなって今もそうなんですが5時間上寝れません。

この頃に社長から「疲れてるし骨休めに温泉旅行に行かね?」と言われる
この頃は普通に仲のいいビジパって感じ。もちろん別部屋ですw
「いや彼氏もいるんでいいっす!」と断る

2017年5月頭:元元彼さんに会いに行く
これが実質最後に会うことになるなんて思わなかった

 

2017年5月中旬:もう一度温泉旅行のオファーが来る
もともと行ってみたい温泉街だった+めちゃくちゃ予約困難の宿だったのと
まあビジパやし別部屋やし?行くだけならいいかと行きますかぁ〜wwと返事してしまう
これが全ての元凶に・・・・


2017年5月下旬:温泉旅行に行ってしまう
そこでペンギンを触ったんですが、飼育員さんを浮気相手と勘違いされて怖いLINEが来る(実際は本当に飼育員)
本当に今までにない剣幕で電話が来たので自分自身ビビってしまってここで気持ちが一瞬冷めてしまう

ちなみに部屋は別で致してないです。旅行して終わり!って感じ・・・だったんですが、旅行終わった後ももやもやもやもや・・・・
それに元元彼さんに怒涛の剣幕で詰められたことでここで一旦距離を置いていたこともあって、ワイ社長のこと好きなのかな?と思い始める

2017年6月頭:元元彼さんとお別れ

本当は他好きの理由は伏せようと思っていましたが、ぺりかんファミリーに話した方がいいと言われたことはもちろん、やっぱり別れる理由はちゃんと伝えなくてはと思って伝えています。
あの時の「もう会うことはないだろうけど」が今もずっとこだましています

2017年6月下旬:社長に告られて付き合う

2019年5月頃:ビジパとしてしか見られなくなってくる
まあこの辺りからガチレスです。
本当に会うたび節税とCFと新規商材とトレンドの話しかしなくなってきます。

 

2020年8月:お別れ

「申し訳ないけど、もう女の子として見れないわ」
パワーワードすぎて今もずっとこだましている(2回目)

 

って感じですかね。
あ、ちなみに。ガチ恋厄介先輩はそれからは全然何もないですよw

 

普通の女性になりたかった気持ちもある

実際、私今の年収は同世代の5〜6倍くらいです。
知らない間にバッグなり靴が全部ハイブランドになって、家の中の家電が全部高級家電になって、猫も2匹飼うようになっていました。

好きなものはだいたい何でも買えるようになりました。妥協せず何でもお金で解決できることは解決できるようになった気がします。
もちろん、同世代がそうそう買えないものもポンポン買えるのでそこはある意味ちょっとした優越感とかもあるんですが、どことなく普通じゃなくなってしまったような、周りの子と違う世界に行ってしまって私はどうなるんだろうみたいな不思議な虚無感はあります。

まあこうなった以上はしょうがないので突き進むしかないのと後悔は正直ないんですが、もしあの時温泉旅行に行かなければ・・・元彼と付き合う選択肢を取らなければ・・・・違う未来があったのかな、なんて今も思ったりもします。

 

何というのか、普通に結婚して、結婚後はパートタイムになって、近所のスーパーでパートして子ども保育園に送り迎えして、適度に節約しながら幸せな家庭を築くみたいなところに憧れたところはあります。私の母親が仕事人間だったので。

でも・・・経営者として舵切った以上、金銭感覚的にも自分の意識的にも、もうこういう普通に戻れないんだろうなと。

 

所謂【普通じゃない女性】の私を理解してくれる男性ってどんだけいるんだろう・・・普通の会社員の方とかだと理解してくれないだろうなあ、と尻込みして次の恋愛にはしばらく進めそうにないですね。
でも次も経営者と付き合うと元彼の二の舞にもなりそうで、足踏み状態です。

 

終わりに

しばらく恋愛はいいです。ちょっと今も苦しいところがあります。
そもそも私恋愛に向いてなくないかなという気すらするので、色々清算すべく冷却期間を置きます。

元元彼さんも元彼も共通して言えるのは、嫌いで別れているわけじゃないんです。
むしろ好きなのに別れているんですが、優先順位的に上位のものがあったという感じですかね。

てかいっそのこと嫌いになりたいわww

 

まあ何か他に恋愛ネタあればかきますw