ぺりぺりぺ

国内・国外問わず政治問題、学歴・貧富の格差社会など社会問題を始めエンタメ・節約ネタ・大学生活・にゃんこ、ハリネズミとのイチャイチャ日和など幅広く書きます

「ブラック企業で働いてるんだよね」と言う友人について思うこと

ぺりかん大先生です。

こういうブログを書くと叩かれそうなんですけど、まあ書くわ。

 

まあワイの周りも社会人になった人ばっかりになったわけよ。そうなると飲み会で必然的に仕事の話になるんですが、何人か「俺・私、(会社が)ブラックでさ〜」って言いだす人が結構出てくるんですよ。

私自身仕事の考え方がある意味普通の26歳とズレまくっているところもあるのであくまでも一個人の意見にして欲しいんですが、

 

ブラック企業って言う時点で適性がないのと、なんのために仕事してんの?w」 ってことです。

 

能力がないって言ってるわけじゃないんです、「適性」がないんじゃない?ってことです。

 

 

 

本来の仕事のあり方について

私自身経営者の顔も持っているので余計に感じることなんですが、そもそも仕事って苦行とか生きるためにやらないといけないしんどいことではなくて、自分の楽しいことをやるのが仕事じゃないんでしょうか。
好きこそ物の上手なれって言いますけど、好きなことを仕事にすればするほど楽しいし、成長していく感じをものすごく実感できます。

私自身自社法人は好きなことしかやっていないです。休みの日は自社の仕事をやっていますが、気づけば自社関連のニュースをチェックしたり、新しいビジネスになりそうなものがないか探したり、仕事してないけど気がつけば仕事に直結することをしている、って感じです。仕事って本来そういう「仕方なくやらされている」じゃなくて「気がつけばやってる」みたいな感じじゃないんでしょうか・・・私はそう思っています。

 

私の会社員としてのあり方の話

とはいえ私会社員も兼業しています。それこそ会社員って決まった時間に起きて決まった時間に出社して決まった時間は働くっていう縛りはもちろんあるんですけど、仕事そもそもが面白いので苦に思ったことはそこまでないんですよね。もちろん責任を感じることはあるけど、それは自社でもあることなので。あと私は社会との接点を作るために会社員を続けているところもあります。私の場合幸いにも周りの人間関係に恵まれているので、楽しく働けてるところもあるかなあと。

私の会社も残業もそれなりにあるときはあるし、まあ上からの圧力もあるのでブラックと言う人もいるかもしれないんですが、なんってか残業しても仕事たんのすぃぃぃ〜wwwって感じなのと、そもそも残業しないように効率的に動いているのもあるのであんまり残業自体そこまでしないようにしています。これは捉え方もあると思うんですが残業する≒時間内に仕事ができないって考えもできます。こう言うと反感を買われそうなので付け加えて言うなら、効率よく動いて残業が発生するなら会社としてのあり方にクソほど問題があります。会社員の仕事はそれなりに割り切ってやってることもあってか、入社してこのかたブラックって思ったことは一度もないですね。

ってのも仕事が好きだから〜wこれに尽きる。

 

大手って呪縛に縛られてては死ぬよ

私の周りでもブラック〜とか言う子はまああれだ、だいたい大手企業です。別に大手企業で働くことっていいと思うんですよ!ワイも大手だしな。ブランド感もあるし、人から「すごいね〜」って言われて鼻が高くなることだってあるでしょう。

でも「大手って呪縛に縛られていたら死ぬ」ってことです。自分が今その会社にいる理由を考えて欲しいんですよ。真っ先に「大手だから」って出た人は危険信号ですね。

個人的に私は大手で働いていようと中小だろうと零細だろうと仕事意欲高くて仕事を楽しんでいる人が好きですね。もちろん安定を求めて大手で働いている人が好きと言う人も多いとは思うんですが、今のご時世ですよ。コロナですよ。大手ほど能力ない人間からバサバサ無情に切っていくからなw

大手だから安定してるって考えはもう捨てたほうがいいと思います。

 

アイデンティティは会社に求めるのじゃなくて自分で作っていくもの

私も昔は自分に自信がなかったんですよ。だから学歴に縋ってしまったところがあります。でも大人になって思ったんですよ。学歴が関係ないとは言えない、もちろん受験勉強頑張った子が報われるのは当たり前だと思います。でも学歴が全てだとは言えないと。

会社においても同じことが言えると思います。学歴も会社名もいわば一つの自分のアイデンティティですよね。でもそこに縋ってても結局何にもならないってことです。

私の周りでもいまだに学歴とか会社名にすがってマウントを取ろうとする人は一定数います。別に否定しません!ワイもやるからw 

でも私の場合自分で事業をしてて思ったのは、いかに裸の自分で戦えるかってところです。結局肩書きが何の武器にもならない独立の世界で自分を支えてくれるのは圧倒的に独創力だったりセンスだったり、努力量になってくるんですよね。

別に自分の肩書きに慢心するのはいいと思いますが、やっぱり人から褒められる経歴だったり肩書きを持っていてそこで満足するばかりなら何も成長がないと言うことです。

私の周りでも大手を半年とかで退社してメガベンチャーに入った子が何人かいますが、彼らを見て思ったのは「すんげ生き生きしてるな」ってことです。もちろんメガベンチャーがいいと言うわけではないし大手がダメというわけではないです。輝ける場所に行けるならその肩書きを捨ててでも行くというのがかっこいいなということで。

 

まあ今後も色々仕事の考え方とかについては書いていこうと思いますw